【京都旅行2014】息子と嵐山と銀閣寺

育児疲れしている妻のために、京都旅行を計画。
紅葉も終わった12月の京都を初めての子連れ旅行してきました。

やはり子連れですので・・・まずスタートが遅れました。
7時には出たかったけど8時半ぐらいの出発に。

我が家から京都までは高速使って2時間ぐらい。
ですので授乳したりおむつを新しくし、トラブルなければノンストップで・・・という計画で進みました。

案の定?

四日市の渋滞などもあり、嵐山についたのは11時少し前。
2時間半かかりましたが・・・

(ま・∀・)「息子ずっと寝ていた!」

ついでに言うと、

(ま;・∀・)「妻も寝ていた!」

嵐山編

さて、妻は嵐山で趣味の時間・・・ということで、ここから2時間ほどは、私と息子の嵐山散策になります。

嵯峨某所

駐車場に停め、ここからはベビーカーで進みました。
前に来てわかっていたことですが、メインストリートにはベビーカーでは無理だな・・・ということ。
道がガタガタしてますし、何しろ人が多い。

渡月橋と息子

なるべく人の通らない路地を選んで進み、渡月橋へ。
そしてお店とかも見たかったけど、ベビーカーでは無理でした。
次の時は抱っこ紐で来よう・・・。

そんなわけで2時間後に妻と合流。
いろいろ次回からの課題も見えました。(妻の時間が足らない等)

ランチ編

さて、ランチは嵐山からほど近い太秦まで車で移動。
石屋さんという焼肉屋に来ました。

ランチメニュー

なんといってもバリューランチが900円!
それで焼き肉が食べられる!

バリューランチ

ご飯もお代わり自由で妻も気に入った様子です。
今後も嵐山のあとはここかな?

石屋 – ISHIYA
京都市右京区太秦北路町25-1
TEL:075-384-2929
http://www.regee.com/

さて、嵐山からランチを経て平安神宮のある岡崎まで移動しました。
宿が「ホテル平安の森京都」というところだったので。

銀閣寺編

宿にチェックイン後は車や荷物は置いて、息子をエルゴで抱っこして銀閣寺へ向かうことに。
個人的に金閣寺は2回ぐらい行ってても銀閣寺に行ったことなかったので妻にお願いしてルートに入れました。

哲学の道を歩いて銀閣寺へ。
30分ほどの散歩でした。

銀閣寺

そして大事なところで寝る息子は健在。
銀閣寺に入るタイミングで寝ました。

そんなわけでオムツとか授乳とかのタイミング気にして居ましたが・・・
寝てしまったのでその心配があまり無い感じでした。

抹茶シュークリーム

銀閣寺前で抹茶シュークリームを食すなど。
流石に夕方近くでアイスクリームとかは無理な時間でした。
というかお昼の焼肉がすごく腹持ち。

本当はこの後にラーメン屋でラーメンと考えておりましたが、あまりにもお腹がこなれないので・・・授乳とか休憩も兼ねて一度ホテルに戻りました。
それでも2時間から3時間散歩してましたけどね。

夜ご飯編

一度、ホテルに戻り息子の給油(母乳)とオムツを変えて再度夜の京都へ。
お腹のこなれが微妙なのでお腹に優しそうな蕎麦を食すためにこちらに来ました。

権太呂 岡崎店

京都でうどんすきが食べられるお店「権太呂」の岡崎店です。
一瞬、高級そうな佇まいに躊躇しがちですが、子連れで入店しても大丈夫でした。

というか、二階が宴会場なのかな?めっちゃ子供暴れてましたけど(笑)

にしんそばと親子丼セット

本当はうどんすきとか食べたいと思いますが、お腹の調子を考えてにしんそばと親子丼のセットを。
セットな時点でお腹すいてるだろという感じですが・・・。
美味しかったです。

権太呂 岡崎店
京都府京都市左京区岡崎南御所町19
TEL:075-751-7880
http://gontaro.co.jp/

その後、平安神宮あたりを散歩しつつ、ホテルに戻りました。

ホテルは大浴場があったので、息子だけ部屋のお風呂で入浴させ、親は交互に大浴場へ。
まだ5ヶ月児には浴場デビューは厳しいですよね・・・。

そしてここからが問題。
息子の激しい夜ぐずりが始まりました(笑)
いや、笑い事では無いですけどね・・・同フロアは学生さんが多く騒いでいたのでまぁいいかなあとは思いつつも、やはりずっと泣きっぱは申し訳ない気持ちになりました。

やはりまだ泊まりでの旅行はハードル高いのかなあと思ってしまった。

スポンサーリンク

Adsence

Adsence

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>