結婚式までの道 第39話「両口屋プチギフトと引出物」

さてさて、だいぶクライマックスに近づきつつある準備・・・
まだまだ準備するものはありました。
それはプチギフトと引出物です。

【プチギフト編】

プチギフトはギリギリまで悩みました。
まず思い浮かんだのは「ふわどらん」でした。

ふわどらん

度々、ブログなどで紹介してきた、両口屋是清さんが栄の地下に出店している和スイーツのお店「ふわどらん」ですが、基本はどら焼きのような和菓子なので日持ちがしないのですが・・・

どらっぽラスク

それをラスク化した「どらっぽラスク」なるものが発売されており、日持ちもするし、見た目可愛いしでプチギフトにどうだろう?と思ったので、両口屋是清さんにダメもとでお願いしてみたのです。

(ま´Д`)「すみません、どらっぽラスクをプチギフトに使いたいんです!」
(両・∀・)「やりましょう!

ということでなんと、許可が!!
また後日に連絡しますということで担当の方をご紹介いただきました。

しかし・・・それから日々が過ぎ・・・

なかなか連絡が無かったので不安になり・・・
他のプチギフトを保険で探す必要があるかな?と思いこれが候補に。

ぴーなっつ最中

ぴーなっつ最中」です。
めさんが試しに買ってきて食べたんだが美味しかったです。

と、いうような事をしていたら・・・両口屋さんから電話が!

(両・∀・)「試作品ができました」
(ま´Д`)「えっ、試作品って??」

プチギフトどらっぽ

個人的にはお店に売っているものを大量発注させてもらう程度の考えだったのですが・・・
どうやら結婚式用のオリジナルを作ってくれていました!

ウェディング仕様

通常版はどらっぽ1人ですが、なんとカップルになっている!!

タグ

しかも新たに描きおろし?のタグも!!

予想以上に可愛くウエディング仕様にしてくれた両口屋さんの心意気に感謝です。
通常版より枚数は減りましたが、予算的にひとつ150円以下を希望していて、予算内にしてくれたのも嬉しかったです。

もし、可愛らしいユルいプチギフトを考えていらっしゃる方がおりましたら、どらっぽラスクお勧めです。
商品も直接、結婚式場に無料で納品してくれたりととてもお世話になりました。

【引出物編】

次は引出物関連。
今や定番になりつつある「カタログギフト」は、私の関連会社のご厚意で式場で準備するよりお安く出来たんです。
それなので、安く出来た分を、グレードアップしたカタログギフトに変更しました。

わかりにくいですが、

【初期価格】通常1万円のカタログギフト
 ↓
【割引価格】5000円
 ↓
【贈ったカタログ】1万5千円のカタログギフト

という感じです。値下がった分を上乗せして、ゲストさまにちょっとでもいいものを!と考えました。

次は引菓子。
こちらは私達、とくにめさんが大好きな「鼓月 千寿せんべい」にしました。
贈ってから、年配の方々に大好評いただきました。

さて、最後に名披露目。
これはゲストによって変更しました。
やはりお歳を召した方々などは

(*´Д`)「引出物は重くないと!!

などという意見も出てくるもので。

(*´Д`)「赤飯を入れろ!」

などという意見もあったのですが、今は式場自体でも赤飯って対応していないみたいですね。
準備出来ても真空パックされたギフト用の赤飯なんだとか。

そういうことで親戚関連にはなるべく重い物・・・で、瓶とかの調味料セットとかを選んで重量感を出しました(笑)

あとの大多数の方には見た目が面白い「福FUKU」を選びました!!

プチギフト選びもそうなんですが、この福FUKUに関しても、「二人らしい」と言われました。
なんかユルい感じの商品選びが・・・って事らしいです。
そういうものが伝わって嬉しかったです(笑)

【結婚式までの道】

スポンサーリンク

Adsence

Adsence

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>