誕生までの道 第3話「初の産婦人科と妊娠の確定」

前回、検査薬を使って妊娠が発覚。
週期でいうと妊娠6週目に入ったことになります。

そんなわけで、今回は「初の産婦人科」へ行くこととなりました。
選んだのは中村区にある、とある産婦人科さん。

結構新しい作りで、近代的な病院でした。
共に会社の就業後に行ったのですが、場所的に車で行かないと辛いかな?という位置。
妻の会社からは最寄りとはいえ、歩くには少し遠いし、他の交通機関も無かった。

で、受付を済ませ待ちます。
私も一緒に待ちます・・・。

しかし、

(ま・∀・)「お母さんしか居ないな!!

男があまり居ないのでなんだか肩身が狭い。
そのうちにめさんが呼ばれます。

が、

あれ?自分もついていっていいのかな?

とか思っているうちにめさんだけ呼ばれたので行かないでおきましたが・・・

(め・∀・)「終わったよ!

と20分ほど待ってたらめさんが帰ってきました。
なんかイメージと違った。

私のイメージとしては、

1,夫婦で部屋に呼ばれる
  ↓
2.先生の話を聞く
  ↓
3.「おめでとうございます、妊娠しています。」
  ↓
4.(ま・∀・)(め・∀・)「おお!」

を描いていたのですが、そんなの無かった(笑)

で、めさんはしっかり単独で妊娠報告をされていました。
そして初めての超音波写真がこちらです。

超音波写真

さっぱりわかりませんね・・・真ん中編の黒い部分の中にある点・・・。
まだ、ほとんど点です。

でも生命が誕生したんですよね・・・
なんだか不思議な感覚です。

めさんの初産婦人科の感想は

1.内診が痛かった。
2.先生の鼻毛がすごい出ていた。
3.遠い。

とのことでセカンドピニオンを一応探すことにしました。

【誕生までの道】

スポンサーリンク

Adsence

Adsence

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>