結婚式までの道 第37話「各種制作物の完成」

前回は席次表など披露宴で使うものを作りましたが・・・
今回もその続きです。

  • ウェルカムボード
  • ウェルカムドール
  • リングピロー
  • オープニング映像
  • 生い立ち映像

このあたりの進捗です。

まずはウェルカムボードとドール。
こちらは市販のものや、式場のものは使わずハンドクラフト系が得意な、めさんの役割でした。

ウェルカムボード制作

ウェルカムボードは実際に売っているものなどを参考にしながら、
原価を安くするために100円ショップなどで材料を購入しつつ作っておりました。
名前やロゴなどはカッティングシートで作ったり・・・かなり凝っていました。

実際に飾られたボード

こちらは会場の入口前に飾られました。
色合いにマッチした良い出来だと思っていますが・・・
ちゃんと計算はしていませんが・・・原価は500円以内だったかと。

ドール制作

次はウェルカムドールの制作。
こちらは、まだ付き合っていない頃にめさんにプレゼントした・・・
ベルメゾンのキャラクターであるちょこちょこのアルリィをベースに作ることに。

ちなみにめさんにプレゼントしたのと、個人的に自分も欲しかったので2体あったんですね。
これにタキシードとドレスを着せようということになりました。

ウェルカムカエル

小さくても服作りは流石に本職です。
ドレスは見事です。
新郎は下履いてないけどOKです、この人形の形ではズボン履けないですしね(笑)

ちなみに隣のウコンは受付に置いてあったからです(笑)
飲む人はどうぞ!みたいな。

青い鳥リングピロー

めさんの制作物はさらにリングピローも。
すでにコンセプト曲として、コブクロの「Blue Bird」を選んでいたので・・・(※第21話参照
青い鳥にちなんだリングピローを作る案となりました。
鳥の巣のイメージで作られたリングピローはめさんの面白い案です。

映像制作

さて、後は映像・・・ってことで広告制作が本職の私の出番です。
と言っても・・・映像制作はこれが初でした。

ムービーメーカー

ちなみに使用したソフトはWindowsに付属しているムービーメーカーです。
Adobeのプロ用の映像ソフトも持っているのですが・・・
凝りだすと変な方向に走りそうなので・・・やめておきました。

ちなみに結婚式前日までに納品すればOKとのことでしたが、
事前に映るかチェックがいるので1週間前ぐらいには見せる算段で作りました。

オープニング映像はコブクロの「君という名の翼」の名古屋ライブバージョンで作りました。
これからライブがはじまるよ!感を出したかったので、小渕さんが

(小渕´Д`)「行くぞ名古屋ぁぁ~!

って叫ぶスタートが入れたかったのです。
ちょうど直前に出たベスト盤にこのライブ音源が入っていてドンピシャでした。

あとの映像の流れは二人の出会いからプロポーズ、結婚式の準備に至るまでを3分ほどにまとめた映像にしました。
この後に「Blue Bird」でドアが開き入場の流れでした。

実際の映像

さて、お色直しの際に流す生い立ち映像ですが、
こちらは新郎新婦それぞれのパートに分けてそれぞれの生い立ちから、出会ってから行った旅先の映像などを含めて5分強の映像にしました。

曲はコブクロの「NOTE」を選びました。
二人の生い立ちから今までをノートに記す・・・的なコンセプトで。
歌詞がとても好きなのもありますが。
時々にネタ写真を入れたので、一部のお客さんにはバカ受けだったようです(笑)

基本的に映像を上手く魅せようということよりも、
選んだ楽曲のテンポと写真をどれだけいいタイミングで見せるか?を重視しました。

おそらく業者さんに頼むと、選べる写真は20枚程度で・・・
写真何枚か追加につき数万単位で値が上がると思いますが・・・
やはり自分で作ると好きなだけ写真入れられるし良かったです。
と言っても多すぎてもわけわからない映像になってしまいますが。
是非、この機会にファイルメーカーでの動画制作をしてみては?

※余談ですが、この映像を見て「才能の無駄遣い」と褒められました・・・。

【結婚式までの道】

スポンサーリンク

Adsence

Adsence

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>