紅葉を観に行こうよう2012「臨済宗永源寺派 大本山 永源寺」

去年、紅葉シーズンに動けなかったので、今年は行って来ました。
滋賀県に!

滋賀県の紅葉スポット

滋賀県では紅葉スポットランキングの1位は「延暦寺」らしいですが、
こちらはそれに次ぐ2位のスポット。

永源寺

東近江にある永源寺です。
臨済宗永源寺派の大本山として有名なのですが、紅葉スポットとしてもメジャーです。
名古屋からも下道で2時間ぐらいで行けました。
9時を過ぎると渋滞がすごいと聞いていたので、9時前ぐらいに着くように到着。
スムーズに駐車場にも入れ、周辺の駐車場はだいたい500円統一のようでした。

メガネ地蔵

さて、しばらく石段の階「羅漢坂」をひたすら歩きます。
と、言っても5分程度ですが。
途中でメガネ地蔵をみつけパチリ。

総門

総門

羅漢坂を登り切ると、総門が見えてきます。

洗耳水

洗耳水

こちらは手水かと思いきや、「洗耳水(せんじすい)」でした。
耳に入っている俗界のアカを洗って清めてから門を通るためのものらしい。
実際に耳を洗うのかは謎である。

総門

総門

総門からは入場料金500円がかかります。
料金を支払い、いよいよなかへ。

紅葉

紅葉

永源寺は、すぐそばに愛知川(えちがわ)という川が流れており、その川と紅葉のなすコントラストが良かったです。
しかしながら、少し散り始めでしたね・・・一番きれいだったのは先週ぐらいかもしれない。

山門

山門

総門の次に現れる門は「山門」です。

山門について

山門は重要文化財とされております。
いろいろと山門やら門を観てきましたが・・・なかなかのモノです。
迫力がある門でした。

紅葉

正直、一部の紅葉は黄色で・・・赤なのは少なかったです。
犬山の寂光院がやはり今まででは一番綺麗かなあ。

鐘楼

再建された鐘楼。
こちらを曲がると・・・

本堂

本堂

本堂は古く、康安元年(1361年)佐々木氏頼が創建。
しかし度重なる兵火、火災により消失の難にあった。
現在の建物は明和二年(1765年)、井伊家の援助により建立されたもので、屋根は国内屈指の葦葺きであるとのこと。

他にも法堂や経堂もあり、なかなかの大きさのお寺でした。

カエルとヘビ

カエルとヘビ

帰りに見つけたこのお土産が欲しかったが我慢した(笑)

なお、夜は紅葉ライトアップもやっているそうです。

ちなみに・・・10時前ぐらいに元の道を帰り始めたのですが・・・
すごい団体さんが登ってきていて、賑わい始めておりました。
やはりゆっくり観るなら9時前には来ていたほうがいいですね。
まだおみやげ屋さんとかは営業はじめて無いけど・・・。

臨済宗永源寺派 大本山 永源寺
〒527-0212 滋賀県東近江市永源寺高野町41
TEL 0748-27-0016 / FAX 0748-27-1055
URL: http://eigenji-t.jp/

スポンサーリンク

Adsence

Adsence

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>