結婚式までの道 第8話「ラグナスイート名古屋」

第8話「ラグナスイート名古屋」

さて、ウルフギャンパックを下見に行ったその日にダブルヘッダーで入れていたのがラグナスイート。
正直、ウルフもラグナもどちらも期待せずに観に行った会場でありました。

が、それが覆されるんですけどね(笑)

ウルフギャングが名古屋芸術センター内で、ラグナスイートは錦。
近かったのでダブルヘッダーを組んだのですが・・・

フロント

ここはとにかくおもてなしがすごい!
さすがホテルをやっているだけあるなという感じです。
入口からしてすぐに係の人が飛んできます。
用件を伝えると2階へ通されました。

そしてまずはウエルカムカクテルが出てきます。
男性は水色、女性はピンクのノンアルコールカクテル。
2階は少し薄暗い感じの場所で、カウンターも備えてありちょっとしたバーみたい。

そして私たちを担当した方。多分相当な手練です(笑)
ラグナスイートを作った方は、あのゼクシィを作った方らしく(リクルートを辞めてラグナを立ち上げたらしい)、「ミスターゼクシィ」という伝説の人らしいと語っていました。
とにかくウエディング業界のすべてを知っている人が作った新たなる形の式場、それがラグナという事でした。

色々話を聞いたりこちらの思いを語ったり・・・
しばらくして会場の下見に移動しました。
見れたのは1階と2階の会場。

モダンスイート

モダンスイート

1階はモダンスイートというブラウン基調の披露宴会場。

アジアンスイート

アジアンスイート

2階はアジアンスイートで、アジアな感じの披露宴会場。
どちらの会場も1階貸切の状態なので、他のお客さんとすれ違うこともなく。

また、披露宴会場の横にウエルカムスペースが広く準備されているので、
そのスペースを自由に使えることもウリでした。

そしてチャペル。
このチャペルに入る際に、「ちょっと入場体験してみましょう」という話になり扉の前でスタンバイ。

そして入場。

(ま・∀・)「ん?入場曲がコブクロや・・・」

正確にはBOYZ II MENのカバーしたコブクロの曲でしたが・・・
担当者さんが

(坦・∀・)「コブクロ好きと言っておられたので、頑張って曲を探してみました!」

なんでしょうね、この時ピーン!ときました。
ちょっとした会話を拾ってすぐに反映するという・・・
こういう心遣いはなかなかココロを掴みますね。

チャペル

で、チャペルも後ろに水が流れていたりとおしゃれ。
今まで行った中ではイチバン気に入ったチャペルで天井も高く言うことなしでした。

会場見学を終えた後に試食会。
前菜で出るスープの試食。
柔らかな卵と冷製スープとジュレ。

冷製スープ

(ま・∀・)「これが美味しかったの!」

二人して絶賛。
他に試食できたものは無かったのですが、
あとはスイーツバイキング用のデザートをいただきました。
全部でもいいといったので全部もらった(笑)

デザート

多分ここまでで最高ポイントをたたき出していましたが・・・
やはりお値段はそれ相応でした。

個人的にラグナを下見に行く際は・・・
一番最後に回ったほうがオススメです(笑)

【結婚式までの道】

スポンサーリンク

Adsence

Adsence

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>